アルゼンチン
'01/9

 

世界名作劇場のアニメーション作品『母をたずねて三千里』(原作:エドモンド・デ・アミーチス『クオレ』)のオープニングの光景が、幼心に強烈に印象に残ったのでした。歌にあるように、山もなく谷もなく、ずーっとどこまでも広がった荒涼としたアルゼンチンの大地。主人公マルコも、もちろん私も、見たことない外国。
再放送やネットで繰り返しアニメを見るうちに、一度その景色を見てみたいと思うようになりました。きっかけといえば、そんなこと。よし、今年の夏休みは南半球のアルゼンチンだ。母さんを探して旅をするマルコの足跡さがしだ。米国系の航空会社なので、ついでに東海岸に寄って友人にも会ってこよう。

 

日次 日程 map
1 9/8 成田発ロサンゼルス・アトランタ経由
2 9/9 ブエノスアイレス到着。ロサリオへ
3 9/10 コルドバへ
4 9/11 フリアスFrias
5 9/12 TucumanでUターンFernandez
6 9/13 Parana
7 9/14 ブエノスアイレス帰着
8 9/15 ブエノスアイレス発
9 9/16 ニューヨーク着
12 9/19 ニューヨーク発
13 9/20 成田着

 

概要

国名 アルゼンチン共和国 Argentine Republic
国旗 色は1816年の革命当時の軍服の色。中央の太陽は『五月の太陽』と呼ばれ、スペインへの反抗を記念したシンボル。
位置 南半球、南米大陸の南に位置する
緯度 南緯度21〜55度。首都ブエノスアイレスは、オーストラリアのシドニーとほぼ同緯度
気候 アルゼンチンは南半球に位置し、季節は日本と反対。

地勢は大きく次の4つに分けられる。
西に長く連なるアンデス山脈地帯、北の森林地帯、中央の大平原地帯(パンパ)、南部の砂漠地帯。

気候も同様に多様である。イグアスの滝のある北部は森林亜熱帯地域、国土の20%を占めるパンパは温帯、チリとの国境に近い西部アンデス山脈地帯は降雨の少ない山岳気候、南部パタゴニアには亜寒帯、南極に近い最南端は寒帯性気候である。

国土面積 278万平方km (日本の7.5倍)
人口 約3,660万人(1999年現在)人口密度 13人/平方km
首都 ブエノス アイレス Buenos Aires
言語 スペイン語
宗教 9割がキリスト教カソリック
主産業 農牧業 (牛肉、小麦、穀物、羊毛),工業 (自動車、機械) 
通貨 1ペソ($)=100センターボ=1US$=約123円(2001年9月当時)
電圧 220ボルト60Hz プラグの形状はB3, E, E2, O タイプ
査証(ビザ) 3ヶ月以内の観光目的の滞在であれば不要
日本との時差 日本より12時間遅れ
治安 南米の中ではよいとのこと。
(と言われても南米の他の国には行ってないので実感がわきませんが、これまで旅したヨーロッパ、アジアに比べて特に危険とは感じられませんでした。
危うきには近寄らず、常に気を引き締めている事、はどこにいても同じ)
国別電話コード 54
生水は飲まない方が無難。
チップ チップの習慣あり。
レストランで10-20%、ホテルのポーターなどに1$、を目安としていたが、変動した現在はいかがか?
カフェやタクシーでは不要。
営業時間 月-金の9:00-12:00, 15:00-18:00。
レストランは11:00-15:00, 20:00-24:00
政治体制 立憲共和制。議会二院制。
経済 近年の経済成長率は)、99年から01年まで3年連続マイナス。物価上昇率も失業率も02年から急上昇、経済危機。
為替レートは91年4月から採用された兌換制により固定していたが、02年1月に変動相場制に移行、02年5月現在1US$≒3.4ペソ。
歴史 略史

1516年 ソリス率いるスペイン探検隊によりスペイン領となる。
1810年5月25日 臨時政府樹立。スペインの植民地支配の終焉。
1816年7月9日、「リオ・デ・ラ・プラタ合衆国」として独立を宣言。
1826年 憲法が制定され「アルゼンチン共和国」となる。
1853 連邦共和国になる
1862 統一国家へ
1876 アルゼンチンで食肉輸出の冷凍船使用開始
20世紀初頭、2度の世界大戦では物資供給国として利益を得、世界有数の富裕国となる。
1946年 労働者階級の不満を背景に軍部よるクーデター発生。ペロン政権成立。
1976年 ぺロン亡命。以降も軍政と民政が繰り返される不安定な時期が続く。
1982年 4〜6月 フォークランド(マルビーナス)諸島紛争の敗戦で軍事政権崩壊。
2002年1月 ドゥアルデ大統領就任

 

アクセス

日本からアルゼンチンへの直行便はない。
北米、豪州、欧州を経由するいろいろなルートがある。一般的なのは北米経由で、乗り継ぎ・待合にもよるが、日本からは、ほぼ30時間前後かかる。
(ただし、2001年9月の米国同時多発テロ後は、北米の航空路線が大きく変わっているため、現在一般的ルートがどこかは??)

 

情報収集

在日アルゼンチン共和国大使館
〒106-0046 東京都港区元麻布2-14-14 Tel: 03-5420-7101(大使館) 03-5420-8800(領事館)

外務省 各国地域情勢 アルゼンティン 基本情報はここでチェック。

Yahoo!トラベル − アルゼンチン共和国 ミニガイド。

 

世界名作劇場地理的大解剖  世界名作劇場の各作品を地理的に解明しているサイト。『母をたずねて三千里』のマルコがたどった道や時代的な背景について細かい解析があり、今回のマルコの足跡辿る旅にはピッタリのテーマを提供してくれたサイト。

 

FROM BUENOS AIRES  ブエノスアイレス在住のあきさん・ひでさんご夫婦が、ラテンアメリカ、アルゼンチンのことを幅広く紹介している。フォルクローレやタンゴなど音楽に詳しく、また日常的な話も多く親しみがもてるサイト。

素顔のブエノスアイレス  アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからの情報発信。詳細。多岐に渡るサイト。

Yoko in Buenos Aires  ブエノスアイレスでの普通の生活の中で出会ったことを気の向くままに描いた随筆など楽しい。 色鉛筆のイラストがほのぼの素敵。

南米散策 パラグアイ在住の作者が他の南米諸国を訪問した際の記録 膨大な量のデータあり。

http--datanet-argentina.netfirms.com-  日本人のための日本語によるアルゼンチン総合情報サイト。

★アルゼンチン, ブエノスアイレスの風★  アルゼンチンと南米紹介サイト。アルゼンチン国内旅行の写真は詳細で楽しい。

 

電話帳

緊急
消防 BOMBEROS 100
警察 POLICIA 101

救急医療EMERGENCIA MEDICA

107

 

旅行日記

< アルゼンチン入国 > < コルドバへ > < 連想ゲーム > < 塩の海 > < はるかな北をめざせ > < タッチ&ターン > < 初マテ茶 >  < 銀の国と金の国 > < アルゼンチンのマドンナ > < テロ直後の米国 >

 

TOMBOY home > 旅行記 海外編 > アルゼンチン

このページの最終更新日:02/09/22>