南紀  2009/09

 

行き先は1ヶ月半以上も前に決まっていたのに、具体的ルートや宿泊先は3日前に決まったようなそんな夏休みの家族旅行でした。今年初の秋の大型連休シルバーウィークを控えての9月初旬の1週間、思ったとおりどこもすいていて、人ごみや渋滞知らずの快適な旅でした。

<概要>

行先 南紀一周(三重県・和歌山県)
日程 6泊7日
時期 2009年9月初旬
目的 観光・釣り・遊園地・イルカと遊ぶ・熊野古道歩きパンダを見る
同行者 家族3人
移動手段 車・船

<地図・日程>

日次

日程

1 自宅(東京)−(車)−三重県伊賀上野城
2 古い町並み散歩−ミキモト真珠島−(定期船)−答志島
3 −(定期船)−鳥羽−伊勢神宮(内宮)−地中海村
4 −志摩スペイン村−新鹿
5 新鹿海水浴場−丸山千枚田−奥瀞峡ジェット船観光
−那智大滝・那智大社−那智勝浦
6 イルカと遊ぶ−白浜
7 −自宅

<費用>

宿:民宿、旅館、フルコース付のメゾネットタイプの宿泊棟、温泉、国民休暇村など、様々なタイプの宿を選んで自分で予約しました(\6,800〜\17,000)。4歳子供は今回布団・食事ありで\2,000〜半額(何処も食事量が多かったので、子供用の食事は不要であったと後で反省しました)。

交通費:いわゆる、休日高速料金割引を利用し、往路の東京−三重間は、通常\9,450のところ\2,450、復路の和歌山−東京間は大阪を通るために少し高めで\15,500のところを\5,050、合計で\24,950が\7,500と、\17,450 の割引になり、かなりなお得感がありました。渋滞も少なかったため、燃費もよくガソリン代も思ったほどかかりませんでした。

<参考書、サイト>

 

<旅日記>

その1 伊賀上野

 

TOMBOY home > 旅行記 国内編 > 南紀

<このページの最終更新日:2009/09/29>