屋久島 '01/5

いつもは、出発の2週間前に計画を立て始める私が、今度ばかりは3ヶ月も前から準備を始めたという程、屋久島行きは、ちょっと力の入った旅でした。国内旅行の場合、場当たり的な自由旅行だと高くつくということもあったのですが、きっちり準備しておかないと、また計画倒れになってしまう、今度だけはそうさせたくないという思いがあったからでしょう。『世界遺産の島』というのも大きな魅力でしたが、どこかで、屋久島の『癒し』の力に期待を寄せていたかもしれません。
出発の3ヶ月前に、椎間板ヘルニアで倒れて一ヶ月寝込んだ後の屋久島行きでした。緑濃い5月の屋久島へ旅立ち、元気に山歩きができるまでになりました。

 

日程

1 羽田空港 -(飛行機)- 鹿児島空港 -(バス)- 鹿児島市内 -(徒歩)- 鹿児島港 -(高速船ジェットフォイル トッピー)- 屋久島・宮之浦港 - (レンタカー) - 志戸子ガジュマル園 - 永田いなか浜 - 屋久島灯台
2 白谷雲水峡散策 - 環境文化村センター
3 ヤクスギランド散策 - 紀元杉 - トローキの滝 - 大川の滝
4 安房川リバーカヤック - ぽん・たん館 - 平内海中温泉 - 西部林道 - 永田いなか浜で海がめ待ち
5 フルーツガーデン - 屋久島空港 - 鹿児島空港 - 羽田空港

<目次>

[概要] [費用] [宿] [持ち物] [参考書、サイト] [旅日記]

 

<概要>

位置 北緯30度、東経130度 鹿児島から約130km南、東京からは約1,000km
地形・気候

九州最高峰の宮之浦岳(1935m)を主峰に、1500mを超える山が11、1000mを超える山が45峰以上連座することから、洋上アルプスとも呼ばれている。
気候は、海岸から山頂までの標高差により、亜熱帯から亜高山帯まで変化に富む。樹齢数千年の巨杉をはじめ、希少価値の動植物が多く見られ、またすぐれた自然景観を有する島として、1993年12月世界自然遺産に登録された。
年間降雨量は、平地で年間4,000mm、山頂部では8,000〜10,000mmにも達し、『月に35日雨が降る』と言われるほど雨量が多いのが特徴である。

面積 周囲約132kmのほぼ円形の島で、円錐形の地形をなしており、面積は約500平方km(5万ヘクタール)
人口 14,000人
産業 農業・林業・漁業・観光業
特産・名物 屋久杉工芸品,ポンカン・タンカン,トビウオの一夜干し,鯖節,縄文水
歴史 屋久杉は江戸時代に多く伐採され、屋根材の平木に使われた。その後の木材需要の低下と自然保護の気運によって伐採は減り、1966年、樹齢7000年と推定される縄文杉が発見されたことも影響して、1970年代には完全に伐採禁止となった。1993年12月、ユネスコ世界自然遺産に登録された。
アクセス 鹿児島から南に約130km。

・飛行機で約40分

・高速船トッピーで約2時間5分〜35分

・フェリーで約3時間45分

島内の交通 バス、タクシー

 

<費用>

ツアーパンフレットなどを見ると、屋久島は海外旅行並に高いです。航空運賃だけで、羽田〜鹿児島\33,000+鹿児島〜屋久島\10,000、往復で\80,000。私達が申し込んだのは、『JASで行く種子島屋久島』(JASナイスウィング)。4泊5日、宿+交通費込みで\71,400(出発曜日や宿のグレードによって多少の上下あり)。

レンタカーは、インターネットで探したスズキレンタリース屋久島で軽自動車を借り、4日間で\17,300(保険料全部込み)。
屋久島では大きな車は必要ありません。島内は殆どが制限速度40kmだし、一方向一車線で混雑時は前に遅い車がいればそうそう追い抜けないし、スピードを出して周るところでもありません。いつ鹿や猿がでてくるかもわからないし、多少登りが遅いかなという程度で、軽自動車でも全く不自由ありませんでした。

馬鹿にならないのが、いわゆるエコツアーといわれるレジャー費。安房川リバーカヤッキング半日は\8,500でした。
私達の申し込んだ所の値段ではありませんが、縄文杉登山やヤクスギランド、白谷雲水峡などの一日ガイドは一人\15,000。ガイドは同行してくれるだけで、送迎まではしてくれないため、レンタカーがない場合はプラス入口までの往復バスやタクシーの交通費もかかります。

<宿>

JASナイスウィングで田代別館を選び、 4泊5日お世話になりました。お勧めです。
港からも近く、白谷雲水峡への拠点にもなる宮之浦にあり、交通には便利。
宮之浦川沿いに立ち、川に面した部屋からはとうとうと流れる宮之浦川の眺めが美しい、和室もゆったり八畳、バラエティに富んだお料理、広いお風呂からも川が見渡せる、そしてなにより、細かい心遣いが行き届いた宿で満足しました。何百人も泊まれる大型ホテルなのに、アットホームな感じ。

田代別館
上屋久町宮之浦2330-1 (tel)09974-2-0018

<持ち物>

山歩きの支度は、
Tシャツの上に薄い長袖のフード付ウィンドブレーカー,防水のスポーツウェア,厚い靴下,トレッキングシューズ,仕上げに防虫剤を全身に。
ナップザックに入れていったのは、
軍手,タオル,レインコート,300mlのペットボトル,デジカメ,お財布,非常用のお菓子(チョコレートや飴),バンドエイドと防虫剤,ガイドブック。

白谷雲水峡やヤクスギランドなどレジャーランドを周るだけだったので、この支度で十分でした。縄文杉や他山登りには、もう少しちゃんとした装備が必要かもしれません。
屋久島はひと月に35日雨が降ると言われるほどの雨の島。森の中を長時間歩くなら、ちゃんとしたレインコートが必要。

PHSは、屋久島全島使えない。使えるのは、DOCOMOとセルラーの携帯のみ。ただし、森の中は通じないこともあるので注意。

<参考書、サイト>

屋久島REALWAVE おそらく、屋久島に関する情報量では一番のサイト。毎月プレゼント企画もあり。

屋久島観光協会 観光ポイント・イベント情報・交通情報など。

屋久島へようこそ アクセス・島内交通・見どころや最新ニュースなどなど

ゆっくり・悠・遊・観光かごしま 鹿児島県総合観光サイト。エリアナビで屋久島情報をゲット。

屋久島・口永良部島 

海と島の大百科サイト・屋久島編 マリンスポーツや伝統文化について詳細を掲載。

鹿児島県の天気予報 屋久島地方の天気・気温・降水量の長期・短気予報あり

田代別館 オヤジギャグ投稿をしましょう。楽しいコメントが返って来るはず。

スズキレンタリース屋久島 いろいろ比べた結果、ここが一番安かった。なぜなら、インターネットで予約すると10%割引!

アウトドアー屋久島ガイドシステム リバーカヌー、エコツアー、スノーケリング、山岳トレッキングガイド

 

<旅日記>

1日目 鹿児島経由屋久島へ
2日目 白谷雲水峡・前半
白谷雲水峡・後半
3日目 ヤクスギランド
4日目 リバーカヤック
5日目 フルーツガーデン

 

 

TOMBOY home > 旅行記 国内編 > 屋久島

<このページの最終更新日:01/08/24>