ヴァヌアツ
'02/1~2

勤続10年で、会社のリフレッシュ休暇が2週間もらえます。本当は春か秋にとりたかったところだけれど、仕事のスケジュールがなかなかあわなくて、とうとう取得期限まであと3ヶ月となってしまいました。真冬の今行ける所といったら、どこだ?真冬に寒いところに行くのもいいけれど、リフレッシュなんだから、南の島でのんびりしたいなあ。
太平洋のどこかにしよう、うん、ニューカレドニアにしようかな、あれでも、ニューカレドニアって案外メジャーなのね。それじゃ面白くないや、もっとマイナーな所は…

という具合に決まったのがヴァヌアツVanuatu。名前を聞いたことはあっても、私も今回探し出すまでどこにあるのか知りませんでした。太平洋は、地理的・文化的に、ミクロネシア(小さな島の意)、ポリネシア(たくさんの島の意)、メラネシア(黒い島々の意)に分かれますが、ヴァヌアツはメラネシアに属します。ミクロネシアは日本の真南にあたるグアム、サイパン、パラオの辺りを指し、ポリネシアは、北をハワイ、東をイースター島、西をニュージーランドとする広大な海域の島々を指します。メラネシアは、インドネシアとこのポリネシアの間、ニューギニアやフィジーやニューカレドニアの近辺になります。

日次 日程
1 成田発
2 シドニー着 シドニー発ヴァヌアツ着
3 のんびり滞在
4 同上
5 同上
6 同上
7 同上
8 同上
9 ヴァヌアツ発 シドニー着シドニー発
10 成田着

 

概要

国名 ヴァヌアツ共和国 Republic of Vanuatu
国旗
緑は国土、赤は血と団結、黒は土地の肥沃さとメラネシア人、黄は平和とキリスト教信仰を象徴する。
位置 太平洋 メラネシア
緯度 南緯12度〜21度。首都ポートヴィラPort Vilaは、オーストラリアのケアンズとほぼ同緯度
気候 南北に長い国土のため、南部の亜熱帯から北部の熱帯まで気候は複数。夏の11月から3月は雨季で、サイクロンの季節。
国土面積 約12,000平方km (新潟県とほぼ同じ大きさ) 南北1200kmに広がる約80の群島から成る
人口 約182,000人(1998年現在) 人口密度 14人/平方km
首都 ポートヴィラ Port Vila
言語 国語はビスラマ語。公用語はビスラマ語・英語・フランス語。その他110の言語がある。
宗教 主にキリスト教。
主産業 農業、漁業 観光業
通貨 1ヴァツーVatu(VT)=約0.8円(2001年3月)
電圧 240ボルト50Hz プラグの形状はB3, C, Oタイプ。
査証(ビザ) 30日以内の滞在なら不要。
日本との時差 日本より2時間早い
治安 よい。
国別電話コード 678
水道水は飲用可能
チップ チップの習慣なし。
営業時間 月~金の7:30~11:30, 13:30〜17:30。土曜日は7:30〜11:00。日祝は休み。
政治体制 共和制。議会一院制。52議席。英語系と仏語系の政党がある。
外交基本方針 外交関係の多角化、南太平洋諸国、とくにパプア・ニューギニア、ソロモン等メラネシア諸国との連携強化、非同盟主義の推進、各地(ニューカレドニア等)の独立運動を支援、反核政策を推進。 
経済 コプラを中心とする農業に基盤。近年は農業の多様化と観光振興に注力。
貿易 恒常的な輸入超過。
主な輸出品は、コプラ(40.5%)、カヴァ(21.1%)。
主な輸入品は、食料品(40.8%)、機械・輸送機器(28.1%)。
日本への主な輸出はかつお、まぐろ、牛肉などの食料品、日本からの主な輸入品は貨物船、自動車など輸送機器。
歴史 略史 
・1605年 スペイン人探検家キロスが発見。
・1906年 英仏の共同統治下に入る。
・1980年7月30日 英連邦の一員として独立、ヴァヌアツ(現地語で「永遠の土地」の意味)と国名を変更。サント島反乱鎮圧。 

 

 

アクセス

日本からヴァヌアツへの直行便はない。
ニューカレドニア、フィジー、オーストラリア、ニュージーランドを経由する。オーストラリアのシドニーからは2,3時間のフライト。

 

情報収集

在日ヴァヌアツ大使館・総領事館 在東京ヴァヌアツ名誉領事館
〒181-0002 三鷹市牟礼4丁目22-36 Tel: 0422-70-5855 

外務省 各国地域情勢 ヴァヌアツ共和国  基本情報はここでチェック。

Yahoo!トラベル − バヌアツ共和国 ミニガイド。

ヴァヌアツだより 1995年12月から2年間、海外青年協力隊としてバヌアツで幼稚園教育に携わったモトミさんの現地からのおたより集。現地の生活や愛犬ナツとの交流が生き生きと描かれています。

楽園マニア 「無人島に暮らす」をテーマに、珊瑚礁に囲まれた南大平洋の島々の自然と、
そこに暮らす人々の生活の智恵を紹介しています。
どのページも面白いのですが、モノの値段や流行モノなど、実際に南の島に暮らす方々に暮らしのあれこれを聞いたページが興味深いです。そして、写真もセンスがあり美しい。

サウス パシフィック ツアーズ (バヌアツ) 南太平洋を専門とした旅行社。サウスパクラブの掲示板で問い合わせたところ、親切な回答を頂きました。

Vanuatu National Tourism Office ヴァヌアツ政府観光局(英語)

ATA Holidays 今回お世話になったオーストラリアの旅行社(英語)
何社かに問い合わせをしたところ、回答が一番早くて、誠実そうだったので決めました。通信手段はメールのみ。カード決算して、チケットはシドニー空港のAir Vanuatuカウンターで受け取り。

南太平洋バヌアツのホテル「ザ・メラネシアン」
南太平洋「バヌアツ」にあるホテル「ザ・メラネシアン」の紹介。ダイビング情報、観光スポットや海外旅行を楽しく過ごすためのバヌアツの情報など。
(個人的には、エファテ島一周ドライブの写真は、のんびり素朴感が出ていてお勧め)

 

電話帳

緊急

病院 / 救急車

22100
緊急 112
消防車 22333
警察 22222
航空会社 flight confirmation
Air Caledonie 22739
Air Pacific 22836
Air Vanuatu 予約23878
ほか23838
Vanair 予約 25025
ほか22643
Air New Aealand(代理店)
Ansett Australia(代理店)
British Airways(代理店)
Cathay Pacific(代理店)
Aerolineas Argentina(代理店)
22666
Qantas Airlines(代理店) 予約23878
bur.23848

 

写真

< 空港から町へ編 > < 宿 Hideaway編 > < スノーケリング編 > < 市場編 > < お店編 > < 宿 Whitesands CC編 > < 食べ物編 > < お散歩編 < ゴルフ編 > < サウスパクラブ > < おまけ > < おまけ2雑感 >

 

TOMBOY home > 旅行記 海外編 > ヴァヌアツ

<このページの最終更新日:06/09/12>